忍者ブログ
HOME   »  経済
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2018 .10.24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


nippon_wo_torimodosu

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/05/17(金) 07:56:09.43 ID:???

2013年5月15日、円相場の調整は、日本のグローバル企業に一休みの時間を与え、経営状況にも大きな好転が生じた。しかしこれが投資ブームをもたらし、日本経済を成長軌道にのせ、国民生活を好転させることができるかどうかは疑問だ。中国経済週刊が伝えた。安倍晋三首相が2012年12月26日に就任してから5月7日までに、米ドルの対円相場は1ドル=85円から99円に上昇した。2012年9月の1ドル=77円から計算するならば、円相場はすでに29%下落していることになる。

日本人消費者から一時心配されていたシャープは、円安により突如として力を取り戻した。シャープが2013年3月に5000億円の赤字を計上したとの公表を受け、市場ではシャープの破産が予想されていた。しかしシャープが2014年3月に黒字転換するという見通しが、新聞で報じられた。シャープのような規模を持つ企業が、5000億円という赤字を1年間で黒字転換するのだから、相当な底力を持っていると言える。

トヨタは「鬼に金棒」と呼べる状況だ。円相場が1円下落するたびに、トヨタは350億円の収入を得ることになる。トヨタは円安だけでも、5000~8000億円の予想外の収入を得られる。企業は当然ながら、円安を歓迎している。米国人学者のリチャード・カーツ氏は、「トヨタが米国に輸出する自動車が、2012年9月時点に2万4000ドル(約240万円)で販売されていたならば、現在の価格は1万9000ドル(約190万円)に下がっており、トヨタの手にする利益も18万7000円増加している」と指摘した。半年余りの期間で、従業員削減や就業時間増加により利益を30%増加できる企業は存在しない。これを実現させるただ1つの要素は、為替相場だ。

東京で多くの企業に取材した際、「投資および生産規模を拡大する予定はないか」と質問した。多くの企業は、「市場にリスクがあり、投資に慎重になる必要がある」と回答した。円相場の調整は、日本のグローバル企業に一休みの時間を与え、経営状況にも大きな好転が生じた。しかしこれは現時点では、企業が投資と雇用数を拡大する契機とはなっておらず、日本市場からそのような兆しもいまだ見て取れない。アベノミクス(安倍首相が就任後に実施を加速した一連の景気刺激策。機動的な財政政策、大胆な金融政策、民間投資を喚起する成長戦略を3本の矢とする)の中で強調された最も重要な「成長戦略」が今後どのように示されるかについて、日本の多くの学者・政治家は明確に説明していない。

5月は日本近海のスミイカ豊漁シーズンだ。日本最西端の長崎から中部の能登半島、さらには北海道に至るまで、夜の海は閑散としており、水面に映し出された漁火を見ることができない。船が出港から点灯まで必要とする電力は、ディーゼルオイルによって発電される。円安により、円建て計算の原油価格が高騰している。スミイカ漁船は漁を続けられなくなり、市場でも魚介類の価格が上昇している。これは漁師に実益をもたらさず、円安が彼らの生活に暗い影を落としている。

サラリーマンにとっても、理想的な状況とは言えない。燃料、原料、食料、部品の輸入価格高騰により、 日本の工業品・消費財の価格に影響が生じている。また、サラリーマンの給与は、物価上昇に伴って増加してはいない。日本の多くの企業は今年夏に支給するボーナスの準備に入っているが、それが物価上昇率を最終的に上回るかについては、現時点では不明だ。

円安後、日本の輸出商品の数に変化が生じている。財務省が発表したデータによると、日本の輸出入額は2012年12月から減少が始まっている。具体的な数値を見ていくと、12月は10.5%減、1月は5.9%減、2月は15.7%減となった。為替相場の変化は日本の輸出額の増加を促しておらず、今後数カ月も調整は難しい。円安が投資ブームをもたらし、 日本経済を成長軌道にのせることはあるだろうか。円安が国民生活を好転させるだろうか。現在までに得られているデータでは、これを断言することはできない。

(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/内山)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72334&type=0

PR

549oRCt

1 :影の軍団子三兄弟ρ ★:2013/05/05(日) 10:43:03.79 ID:???0

日本は結局、世界一流の国ではなかった。非常に豊かでカネをよく稼ぎ、立派なふりをしていても、やはり日本は、周辺諸国を強奪・植民地化して侵略戦争を起こした前世紀の水準から脱しきれていないという事実に、韓国の人々はむしろほっとしている。

日本人が自分たちの犯した過ちを認め、自分たちの欲望のために犠牲となった数百万、数千万の世界の人々に謝罪すれば、韓国人は一段と成熟した日本に恐れをなしたところだが、自らをおとしてめる日本を見て、韓国人は逆に気持ちを引き締めることができる。

安倍晋三首相や自民党の閣僚を筆頭にして、日本は「侵略の定義は国と国との関係で、どちらの観点から見るかによって異なり得る」と主張し、第2次世界大戦の侵略の事実そのものを間接的に否定、植民政策を正当化している。 世界の非難の声が集中すると一歩退いたようだが、こうした意図的かつ企画的な「押して引く戦略」すら、日本を醜く見せている。

ある国が他国の主権を侵奪し、他民族を虐殺-略奪することが「視点」によって違うものになり得るのなら、日本の視点はどういうもので、どういう視点なら「日本は嫌だったが、植民国が望んだため」という関係になり得るのか、日本は説明すべきだ。 日本が今後、自国をどの方向にどのように引っ張っていくかは、日本が決める問題だ。憲法を改正して軍隊を養成し、 カネをやたらと刷って周辺諸国の経済を混乱させようがさせまいが、それは日本の選択だ。

また、閣僚だけでなく全国民が靖国神社を参拝しようが、揚げ句に慰安婦への補償問題で「腹を切れ」と言い出そうが、それも日本の選択といえる。しかしそこに、日本の「過去」の話まで上乗せし、「視点の差」とか「それはお前たちが弱かったからされたこと」と大声で訴えるのは、 被害国の韓国でなくても、人類の良心から到底我慢できるものではない。

それは日本人の選択の問題ではなく、具体的に国家的害を受けた相手がいる問題だからだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/05/2013050500095.html
>>2


054 (1)
画像は無料の素材サイトからダウンロードしたものです。


1 : バーミーズ(愛知県):2013/04/15(月) 23:12:29.67 ID:PMK5UmPV0● ?PLT(14072) ポイント特典

「韓国は茹でカエル状態、自らが死に向かっていることに気づいていない」―世界的コンサルティング会社 米マッキンゼー

「韓国経済は徐々に熱くなる水の中のカエルのようだ」。世界的なコンサルティング会社マッキンゼーのリチャード・ドブス・マッキンゼーグローバルインスティチュート所長は韓国経済をこのように診断した。経済成長率が8%-5%ー2%と低下し、家計負債は毎年悪化しているが、韓国は自らが死に向かっていることに気づいていない、という説明だ。ドブス氏は「日本は今20年ぶりに危機を認識し、生き残るために全力を注いでいる」とし「韓国は変化しなければ死んでいくカエルになるしかない」と話した。

--現在、韓国経済の最も大きな問題は?
2000年には世界100大企業に韓国企業は一つもなかったが、2011年には3社に増えた。それでも韓国経済の成長率は徐々に低下し、家計貯蓄率(20%)は先進国のうち最低水準の3%台に落ちた。

--なぜそうなったのか?
生産を海外に移転したからだ。大企業(製造部門)の年間生産性は9.3%ずつ成長したが、韓国人の雇用は毎年2%ずつ減った。

--中小企業を育成する必要か?
雇用を創出できる中堅企業の育成が重要だ。

韓国中央日報 2013/4/15
http://japanese.joins.com/article/512/170512.html?servcode=300§code=300

米マッキンゼー・アンド・カンパニー (McKinsey & Company.) は、1926年にシカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立されたアメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界44カ国に80以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。
http://www.mckinsey.com/


1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/04/16(火) 08:40:39.78 ID:???

価格が1000万円を超える高級輸入車の販売が伸びている。2012年度の外国メーカー製乗用車の国内新車販売が前年度比10.2%増の24万3733台だったのに対し、平均価格帯が1000万円超の「超高級車」は市場全体の伸びを大きく上回った。販売現場では、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果でこれまで躊躇(ちゅうちょ)していた新車購入に踏み切る富裕層が今年に入って増えているとの声が相次いでいる。

伊高級車メーカー「マセラティ」の日本法人、マセラティジャパン(東京都港区)によると12年度の販売台数は23.7%増の329台。今年は、旗艦車種「クアトロポルテ」(1690万円)の新型車を今月発売したほか、20日に開幕する上海モーターショーで世界初公開するスポーツセダン「ギブリ」も年内に市場投入する予定だ。販売担当者は「アベノミクスは迷っている方の背中を押す強い要因になっている」と話す。経済回復ムードに新車攻勢も加わり、13年の販売目標を同社として過去最高となる650台に設定した。

伊フェラーリも12年度の販売台数は45.7%増の558台と躍進。フェラーリ・ジャパンの担当者は「ショールームへの来客数が今年に入って昨年より23%増え、新規顧客も目立ってきた」と明かす。平均価格帯が2000万円を超える英ベントレーは51.4%増の224台、3000万円を超す英ロールス・ロイスも26.3%増の96台と軒並み大幅な販売増となっているという。一方で、かつて100万円を切っていた軽自動車も単価が急上昇。ホンダ「N BOX」の平均価格が140万円を超えるなど軽自動車にも高価格化の波が押し寄せている。業界関係者は「他業界に比べて一足早いデフレ脱却の動きが出てきたのかも」と話している。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130416/bsa1304160816000-n1.htm
4月に開所した伊マセラティのショールーム「マセラティ紀尾井町」=東京都千代田区 
 
bsa1304160816000-p1


wec13040618010001-n1

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/04/07(日) 01:34:47.02 ID:???

韓国企業が、中部地区を拠点として日本の自動車産業との取引を増やそうと攻勢をかけている。自動車部品メーカーの共同営業拠点や、自動車部品向け鋼管の製造・販売子会社の設立など、日本メーカーへの売り込み態勢を着々と整え始めた。電機製品に続き、世界で存在感を増しつつある韓国の自動車業界。トヨタ自動車のお膝元で“日本進出”の橋頭堡(きょうとうほ)を築けるか。

「韓国製の部品は品質も評価されている。グローバル化時代、競争力のある部品を使う流れは強まるはず」。韓国の政府系機関、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の金鉉泰・名古屋貿易館長は話す。

日本の自動車産業へのセールスに向けた韓国の活動は活発化している。KOTRAは5月、韓国の中小自動車部品メーカーの共同営業拠点を名古屋市内に開設する。同様の拠点は米国デトロイト、ドイツのフランクフルトにあるが、日本では初。8社程度が入居する。さらに、今秋には名古屋港に部品メーカー共同の物流拠点も開設予定。物流の集約でコスト低減を図る。営業、物流の両面で態勢を整え、日本製より15~20%コスト安とされる韓国部品の優位性をアピールしていく考えだ。

大手企業も連動する。韓国最大の鉄鋼メーカー、ポスコの日本法人は、自動車部品向け鋼管の製造・販売子会社を三重県四日市市内に設立した。既存の物流センター内で、来年初めの稼働を目指し、顧客の要望に応じて鋼材を加工する生産設備をつくる。ポスコ日本法人の広報担当者は「サービスの質をより高めたい」と話す。

韓国企業攻勢の背景には、自動車メーカーの部品調達に対する姿勢の変化がある。新興国市場が先進国を追い抜くなど、自動車の生産、販売は海外にシフト。商品開発には迅速、低コスト化、効率化が重視されるようになり、従来の取引先にとらわれず、調達する流れが強まった。さらに、東日本大震災やタイの洪水被害など自然災害による部品供給網の寸断が、この流れに拍車をかけた。リスクに備え、自動車メーカーは、部品の調達先を分散する必要性に迫られた。

2000年初頭にも日本に駐在したKOTRA名古屋貿易館の金館長は「10年前の営業は簡単ではなかった。今は日本メーカーの『系列』がなくなりつつあり、環境が変化している」と話す。KOTRAは2009年、トヨタ本社で部品の商談会開催にこぎつけた。その後、日産自動車、三菱自動車、ホンダ、スズキなどとの商談会も随時開催。呼応するように、2012年の韓国自動車部品の対日輸出は7・9億ドルと、この3年間で2倍超に急増した。今年も主要カーメーカーとの商談会が予定されるなど、今や商談会は定例化しつつある。

「世界一のカーメーカー、トヨタへの納品は韓国企業の夢だ」。KOTRA関係者は語る。主要ターゲットに見据えるのはトヨタだ。部品メーカーの合同営業拠点を名古屋に設けるのも、トヨタグループを意識したゆえんだ。

鉄鋼メーカー、ポスコは昨春、トヨタグループに部品を納入するメーカーでつくる協力団体に、海外の鉄鋼メーカーで初加盟。「トヨタ系」として、日本での売り込みを強化している。

ウォン安を背景に、世界販売を伸ばしてきた現代自動車などの韓国メーカー。ただ、最近のウォン安修正で業績に影響が出始めている。部品メーカーの海外進出には、現代自以外との取引も増やし、経営基盤を安定させようというもくろみがあるとの指摘もある。部品で“韓流”は浸透するか。動向が注目される。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130406/wec13040618010001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130406/wec13040618010001-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130406/wec13040618010001-n3.htm



1 :FinalFinanceφ ★:2013/03/08(金) 18:35:44.65 0
PAP20130223062701034_P2
'日本が帰ってきました'(AP.聯合ニュース.資料写真)


安倍ノミックス効果で、日本の株価が上がり、高価品を中心に消費がよみがえる姿だ。

安倍ノミックスに景気が回復するとの期待感が特に富裕層と中間所得層に拡散し、高級乗用車、高価な外国ブランド時計などを買おうと売り場を訪れる人々の足が増えた。 8日、日本経済新聞によると、日本の埼玉(埼玉)県のメルセデス - ベンツ販売店は、今年に入ってから1千500万円(約1億7千200万ウォン)や高性能スポーツカーなどが続々と売り出された。前1千万円を超える車を考慮する人は少なかった。代理店ディーラーさえ、安倍ノミックスと株価上昇効果のすごさを削減するほど。

東京銀座(?座)デパートにも週末になると、日本の伝統衣装や高級外国時計販売店が主婦などでにぎわっている。オークション市場も今年に入って100万円を超える絵画、宝石、彫刻などが
落札されるケースが目立つように増えるなど、2008年のリーマン?ショック以降、最高の `好況"ということだ。

ホテル業界も喜色だ。
今月初め、東京のホテルオークラで開かれた世界のワインの試飲販売会では、一本で2万~3万円する限定ワインが前回販売時より2倍パルリヌンガすると、70万円のワインは、事前予約の段階で販売終了した。

ゴルフ会員権市場も回復傾向だ。
関東(??)地域の最近のゴルフ会員権の価格は平均138万円で、昨年12月に比べて20%上昇した。

なかなか蘇るかなかった日本の消費者心理の回復の兆しは最近発表された経済指標でも確認されている。昨年世帯当たり月の消費支出額は2年ぶりに増加し、24万7千651円を記録した。物価変動分を考慮して2011年比で0.2%上昇した。これと共に労働者の月給も9ヶ月ぶりに上昇している。去る1月、正規職?非正規職の平均月給は27万1千450円で、前年同期比0.7%引き上げたことが分かった。
http://translate.google.co.jp/translate?sl=ko&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&eotf=1&u=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Feconomy%2F2013%2F03%2F08%2F0301000000AKR20130308112000073.HTML




a0002_001041_m
画像は無料の素材サイトからダウンロードしたものです。

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/03/06(水) 08:07:24.78 ID:???
3月5日(ブルームバーグ):米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏は、日本銀行の金融緩和策で円の価値が低下するとの懸念から、円は対ドルで1ドル=100円に下落する可能性が高いとの見方を示した。同氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「円の紙幣が大量に刷られることになる」とし、「最も印刷され、量的緩和を最大限支援する通貨は避けたほうが良い」と続けた。 安倍晋三首相が「大胆な金融緩和」を唱える中、円は過去半年間で16%下落している。このほか、英国の量的緩和策を背景にポンドも下落すると予想。米ドルとユーロが相対的に強くなりそうだと述べた。英ポンドは2月までに対ドルで6.7%下落し、一時は約3年ぶりの安値を付けた。ただ経済協力開発機構(OECD)の購買力平価を基にすると、なお2.3%の過大評価となっている。グロース氏は、相対力から米ドルとユーロに目を向けるべきだと指摘。またPIMCOがブラジル・レアルを選好しているとあらためて説明。さらに、10年および30年物の米国債は敬遠すべきだとした。

■米経済成長
このほか、現在の市場の熱狂を正当化するには、米経済の実質成長率が3%となる必要があると指摘した。グロース氏は先週の月間投資見通しで、長期にわたる低金利で資産価格の不合理度が強まりつつあると記している。ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査では、2013年の国内総生産(GDP)は1.8%増と見込まれている。同氏は「年後半には成長率は3%に加速しなければならない」とし、現在見られる熱狂の不合理度を10段階で示すとしたら「6+もしくは7-」といったところだと指摘した。その上で、市場は「根拠なき熱狂に近づきつつあるが、まだ必ずしも不合理という状況ではない」と加えた。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MJ75YK6S972801.html
関連スレは
【金融政策】日銀の金融緩和策を支持=為替操作目的でない−バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長〔13/02/27〕
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1361932848/l50
【発言】日銀の金融政策、為替下落を狙っていない=黒田氏[13/03/04]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1362361279/l50
等々。

姉妹サイト
忍者カウンター


ZOIDS ブレードライガーAB バン仕様 (1/72スケールプラスチックキット) パール判事の日本無罪論 (小学館文庫) 一番くじプレミアム けいおん! 不思議の国 de ティータイム H賞 きゅんキャラ 平沢唯 単品 永遠の0 (講談社文庫)
よつばと! ダンボー (ノンスケール プラスチックキット)
国家の品格 (新潮新書) ZOIDS EZ-034 ジェノブレイカー レイヴン仕様 (1/72スケール プラスチックキット) 海賊とよばれた男 上 顔文字くんマグカップB《ゴルァ!!(゜Д゜)》 武士道 (岩波文庫) 大人げない大人になれ!
スポンサードリンク







Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31